さつまいもの芽に毒はない!でも食べるよりも芽だし栽培がおすすめ♪

こんにちは、いまひろ( @imai0805 )です!

僕はベジタブル&フルーツアドバイザーの資格を持っています。

そのためさつまいもにも詳しいですが、さつまいもの芽には毒はありませんので食べても大丈夫です

 

ただ、芽が育ち過ぎていると芽の方に栄養がいってしまいあまり美味しくありませんのです。

そこで育ちすぎたさつまいもには芽だし栽培をおすすめしています。

 

この記事では下記の4つのことを紹介します。

  • さつまいもの芽に毒がない理由
  • 芽が伸びすぎると食べても美味しくない理由
  • 芽が出ないように保存するには?
  • さつまいもの芽が生えたら芽だし栽培がおすすめ!

1分ほどで読み終わります。ぜひ、最後まで読んでみてください。

さつまいもの芽に毒がないから安心して食べられる理由

さつまいも

芋類の芽には毒があるよねと思われがちですが、さつまいもの芽には毒はありません。

さつまいもの芽に毒があると勘違いしているのは、じゃがいもの芽に毒があるという情報が先行しているのが大きいのかもしれませんね。

 

確かに、じゃがいもの芽にはソラニンという毒が含まれています。

 

では、なぜさつまいもの芽には毒がないかというと、

さつまいもとじゃがいもは同じ芋ではありますが、生物分類学上では

 

  • さつまいも = ナス目ヒルガオ科さつまいも属さつまいも種
  • じゃがいも = ナス目ナス科ナス属じゃがいも種

にあたります。

 

そうなんです。さつまいもとじゃがいもは似ているようでも、学術上では違うものです。

 

また、じゃがいもは塊茎といって、茎が太くなっている部分を食べるのに対して、

さつまいもは塊根といって、根っこの太くなった部分を食べます。

 

だから、さつまいもの芽に毒はないので生えていたとしてもそのまま食べてしまっても大丈夫です!

まあ、食べるときに邪魔であれば、取ってしまった方が食べやすいかもしれません。

芽が伸びすぎるとさつまいもは美味しくない

芽が伸び過ぎて、葉っぱが生えたさつまいもはあまり美味しくありません。

というのも、さつまいもに含まれる栄養分が芽や茎、葉っぱの成長のために使われるからです。

さつまいも自体の味は薄くなり、全体的にぼんやりとして印象を感じます。

さつまいもの芽が出ないようにする保存方法は?

たくさんのさつまいも

さつまいもの芽がでないようにするために大事なのは、保存する温度と水です。

 

さつまいもは20℃を越えると芽が育ち始めます。また、寒さに弱いので冷蔵庫で保存するはNGです。加えて、水につけるとすぐに腐ってしまうほど水に弱いです。

 

保存に適した温度13~15℃前後湿度80~90%くらいとされています。

そこで、さつまいもを買ってきたら新聞紙に包んで、風通しのいい冷暗所に置く保存方法がおすすめです!

こうすれば、さつまいもの芽が出にくくなります。

さつまいもの芽が生えたら芽だし栽培がおすすめ!

さつまいもの芽

ただ、いくら上手に保存したとして芽が葉っぱが生えてしまう時があります。その時は思い切って芽だし栽培をしてみてはいかがでしょうか?

 

芽だし栽培とは、芽が出たさつまいもを土に植えて育てる栽培のことですが、これが意外と簡単で自宅でもできます。

 

材料も道具もホームセンターですぐに手に入ります。

詳しいやり方に関しては農林水産省のHPで詳しく紹介しているので、そちらをご覧ください!

>>参考:農林水産省のさつまいもを育ててみよう

さつまいもの芽のまとめ

秋の味覚の代表格であるさつまいもですが、美味しく食べるためにもさつまいもについてのしっかりとした知識を確認しておきましょう!

 

  • さつまいもの芽には毒はない
  • さつまいもの保存は温度と水が重要!
  • 新聞紙に包んで、風通しのいい冷暗所に置く
  • 芽が伸び過ぎてしまったら、芽だし栽培もいいかも♪